目を作る

タティングの基本の目、ダブルステッチは、
ファーストハーフステッチとセカンドハーフステッチの2種類の
ハーフステッチを組み合わせて1セットにすることで作られます。

ファーストハーフステッチ(FHS: first half stitch、前の半目、表目)
0026

セカンドハーフステッチ(SHS: second half stitch、後ろの半目、裏目)
0027

ファーストハーフステッチのすぐ横にセカンドハーフステッチを作ると、
ダブルステッチができあがります。

ダブルステッチ(DS: double stitch)
0028

練習をするときは、わかりやすくするために、ボール糸とシャトル糸の色を別の色に
して、ボール糸とシャトル糸を結んだ状態からはじめます。参考)「作り始め

左手の糸の持ち方は、チェインを作るときの糸の持ち方をします。
糸を左手で持ち、シャトルを右手で持ったところからはじめます。
参考)「左手の糸の持ち方

左手の人差し指と中指の間にかかっている糸を、RKTattingでは、説明上、この部分
の糸をBridge(ブリッジ)と呼びます。(これは、公式な呼び方ではありません。)

このBridgeに、シャトル糸をからめてループを作り(目を作る)、トランスファーという
作業を行うことで、Bridgeの糸のループに切り替えます。
(トランスファーは、日本語で「目を移す」と訳されているようです。)

0029

左手の人差し指と中指の間(写真青色部分)は、できるだけ大きく開けたほうが
作業がやりやすいです。この記事の説明に使われている写真では、ボール糸は
ピンク色、シャトル糸は緑色です。

最初は、シャトルの動きが単純なセカンドハーフステッチだけを練習します。セカンド
ハーフステッチを作れるようになったら、ファーストハーフステッチだけを練習します。

セカンドハーフステッチ(または、ファーストハーフステッチ)を連続して作ると、
らせん状のスパイラルステッチになります。
0044

 

*** ファーストハーフステッチ(FHS)の作り方 ***

1:シャトルがシャトル糸の下を通ります。通りやすくするために、右手の小指で
シャトル糸を軽く持ち上げます。(小指に限らず薬指や中指でもかまいません。)
0030 0031
2:そのままシャトルがBridgeの下を通ります。そのとき、右手のシャトルは、持った
まま離しません。Bridgeの糸が「右手の人差し指とシャトルの間」をすり抜けます。
0032 0033

3:そのままシャトルをバックさせます(逆方向に移動)。シャトルが戻ってくるときに
シャトルはBrigeの上を通ります。
0034

このときも、右手のシャトルは、持ったまま離しません。Bridgeの糸が「右手の親指と
シャトルの間」をすり抜けます。その後、シャトルは、シャトル糸の下側を通ります。

4:シャトルがシャトル糸の下側にぬけたら、右手の小指で支えていた糸を離し、
そのままシャトルをひっぱります。すると、Bridgeを芯にしてシャトル糸のループが
できあがります。
0035

5:シャトル糸のループをトランスファーします。シャトル糸を芯にしてBridgeの糸の
ループになります。(ループが緑色からピンク色にかわります。)
0036
6:トランスファーしたループを、左手でつまんでいる位置まで移動させ、適度に
締めるとファーストハーフステッチができます。
0037

「行きは Bridgeの下、帰りは Bridgeの上を通る」 と覚えます。

 

*** セカンドハーフステッチ(SHS)の作り方 ***

1:シャトルがBridgeの上を通ります。そのとき、右手のシャトルは、持ったまま
離しません。Bridgeの糸が「右手の親指とシャトルの間」をすり抜けます。
0038 0039
2:そのままシャトルをバックさせます(逆方向に移動)。シャトルが戻ってくるときに
Brigeの下を通ります。このときも、右手のシャトルは、持ったまま離しません。
Bridgeの糸が「右手の人差し指とシャトルの間」をすり抜けます。
0040

そのままシャトルをひっぱると、Bridgeを芯にしてシャトル糸のループが
できあがります。
0041

3:シャトル糸のループをトランスファーします。
0042

4:トランスファーしたループを、つまんでいる位置まで移動させ、適度に締めると
セカンドハーフステッチができます。
0043

「行きは Bridgeの上、帰りは Bridgeの下を通る」 と覚えます。

ファーストハーフステッチとセカンドハーフステッチでは、ループの作り方
が少し異なります。ループを作ったあとのトランスファーの方法は同じです。
ループを作る際、Bridgeの部分は、ピンと張ったままの状態で、シャトルを
動かします。Bridge の部分は、トランスファーをするときのみ、ゆるめます。

トランスファーのやり方については 「トランスファー(目を移す)」を参照してください。

参考)「ダブルステッチの作り方

ダブルステッチの作り方

ダブルステッチを作る練習方法です。
ダブルステッチを作るときの基本動作は、次の3つです。

1:目を作る
Bridgeにシャトル糸をからめてシャトル糸でループを作ります。

2:目を移す(トランスファー)
シャトル糸のループから、Bridgeの糸のループにかえます。
(Bridgeの糸をシャトル糸にからめた状態にします)

3:目を締める
移した目(Bridgeの糸のループ)を、左手で糸をつまんでいる位置まで
移動させてループを締めます。

目を移すこと(トランスファー)ができるようになったら、
目の締め加減の調節ができるようになりましょう。

練習のときは、チェインを作るときの持ち方で左手で糸を持ちます。
参考) 「左手の糸の持ち方
0022


ボール糸とシャトル糸の色を別の色にして、
ボール糸とシャトル糸を結んだ状態からはじめます。
参考) 「作り始め
0019

 

ダブルステッチを作る練習は、次の順番で各項目を参照してください。
1)目を作る
2)トランスファー(目を移す)
3)チェインを作る

 

左手の糸の持ち方

モチーフを作り始めるとき、右利きの場合、右手にシャトル、
左手に糸を持ちます。

左利きである場合は、左右対称に考えてください。

以降は、右利きであることを前提に説明し、
左利きに関しての解説は、省略します。

また、初心者向けのシャトル1個使いの場合を
想定して、解説していきます。

まずは、左手の糸の持ち方について、説明します。

 

*** 糸をつまむ位置 ***

1) 「シャトル糸とボール糸を結んで作り始める場合」
結び目の部分が作り始めの位置になるので、
左手で結び目の部分をつまんで持ちます。
0015

2) 「CTMで作り始める場合(結び目無しの時)」
結び目が無い状態で作り始める場合は、シャトルから
20~30センチくらい離れたところを左手でつまんで持ちます。
0016

0017

 

*** シャトル糸とボール糸 ***

0018

つまんで持った位置を基準にして、シャトル側(右側)がシャトル糸、
ボール糸側(左側)がボール糸(またはセカンドシャトルの糸)になります。

*** 糸の持ち方 ***

チェインを作るときとリングを作るときでは、
糸の持ち方が違います。

(1)チェインを作るときの持ち方

人差し指の上に糸を置いてその上に親指をかぶせるように、
糸(結び目の部分)を下側からつまむように持ち、
0019
「ボール糸」 を左手の手の甲側にまわしかけ、
薬指や小指に糸を絡み付けて小指でしっかり固定します。

0021

中指と人差し指の間にかかっている部分の糸を、説明上Bridge
(ブリッジ) と呼びます。この呼び方は、RKTatting 独自の呼称であり、
公式なものではありません。

チェインを作るときの持ち方で大事なのは、

  • 親指と人差し指でしっかりつまんでおくこと。
  • Bridge をピンと張っておくこと。
  • 薬指や小指で糸を固定、調節できること。

です。固定方法には、以下の様なものがあります。

<薬指と小指に1~2回巻きつけて固定する方法>
0022
<小指だけに1~2回巻きつけて固定する方法>0023

固定の方法(糸の持ち方)には、他にもバリエーションがありますが、
どんな持ち方をしても、Bridge がゆるまないように糸を持てば大丈夫です。

ステッチを作るとき以外は、Bridge を、ピンと張ったままにしておきます。

(2) リングを作るときの持ち方

糸を上側からつまむように持ち、
0024

「シャトル糸」 を左手の指に沿わせるようにクルッと一回りさせ、
結び目のところで糸を重ね合わせるようにしてつまみ、輪状にして持ちます。
0025

ステッチを作るとき以外は、輪を(特にBridge を)、ピンと張ったままにしておきます。

シャトルの持ち方については、こちらを参照してください。
参考)シャトルの糸の巻き方と持ち方

 

作り始め

タティングレースは、シャトル糸とボール糸(糸玉)が
つながっている状態から作り始めます。

作り始めの状態は2種類。

1)シャトル糸とボール糸を結んでつなげる場合
0013

シャトル糸とボール糸がつながっていない場合は、こま結びでつなげます。
この場合、糸端を処理(糸隠し)する必要があります。
(糸隠しについては、ここでは省略します)

ブログ記事では、わかりやすくするために、シャトル糸と
ボール糸の色を分けて、2色の糸を使います。

結び目の部分から左側の糸でチェインの目を作り、
右側の糸でリングの目を作ることになります。

2)CTM(continuous thread method)
0014

ボール糸から直接シャトルに糸を巻いて、糸を切らない場合は、
(または、糸が巻かれているシャトルから他のものに糸を巻き取る場合)
ボール糸とシャトル糸がつながっている状態です。

このように(結び目が無く)糸がつながっている状態から作り始めることを、
CTM(continuous thread method)といいます。

1色の糸や段染めの糸などで作る場合は、この方法を使うと、
最初の糸隠しの作業(糸端の処理)を省略できます。

 

シャトルの糸の巻き方と持ち方

まず、シャトルに糸を巻きます。
右利きと左利きでは、シャトルの糸の巻き方が異なります。

*** 右利きの場合 ***
”ツノ付きタイプ”のシャトルや、”フックつきタイプ”のシャトルの場合、
ツノやフックが左側を向くようにします。

糸は、シャトルに反時計回りの方向で巻きつけ、
シャトルの上側から糸が出ている状態にします。

0006

0007

Aero 製のシャトルのような「ボビン式シャトル」は、あらかじめ糸をボビンに
巻いておき、フックはかぎ先が手前を向くように位置し、糸の巻き方向に
注意しながらボビンをシャトルにセットします。

0008

クローバー製のシャトルのような「直巻きタイプ」のシャトルは、
ツノの向きに気をつけて糸を巻きます。

「直巻きタイプ」のシャトル用に、糸を巻きやすくするための
Shuttle Winder という道具もあります。

0009

シャトルは、ツノやフックを左側に位置した状態で
右手の親指と人差し指でシャトルの真ん中辺りをはさみ、
中指を軽く添えるように持ちます。

0010

*** 左利きの場合 ***
左利きの人は、右利きの場合の左右対称な状態を考えて下さい。

0011

糸は、シャトルに時計回りに巻きつけ、ツノやフックは
右側に位置した状態で、シャトルを左手で持ちます。

0012

*******************************************************
このブログでは、技術に関するものは、右利きを対象として説明します。
左利きの場合は、すべてにおいて、左右対称に考えてください。
*******************************************************